児玉塗装がまるわかり!!
本社 スタッフブログ

本社 スタッフブログの最新情報をご紹介

第31回「家全体の景観に大きく関わる軒天部分の塗装」 2015年12月9日

劣化していると非常に目立ってしまう軒天部分
経年による劣化が目立つようになった家では、屋根や外壁の塗装が欠かせません。ただ、外部から見える表面上の部分だけ塗装を行っても美観や耐久性を保てるわけではないのです。とくに軒天(軒裏、軒下)部分は面積が小さいものの、しっかりとメンテナンスがなされていないと自宅のトラブルにつながりかねません。当コラムでは、家全体の景観に大きく関わる軒天部分の塗装についてご紹介します。

 

◆付帯部分の一部である軒天部分とは?

軒天は屋根の外壁部分から外側に出ている箇所の裏側に当たる部分を指します。軒下、軒裏、軒裏天井、上げ裏などの名称で呼ばれている箇所です。大きなカテゴリーでは、破風板、雨樋、鼻隠しなどと同様に「付帯部分」の一つに挙げられます。

 

付帯部は目立たない箇所ゆえに、屋根や外壁に比べると塗装の必要性において軽視されがちです。他の箇所をきれいに塗り替えたとしても、軒天部分が汚れていたり、不都合な部分があったりするとむしろ目立ってしまい、マイナスイメージがつきかねません。そのため、屋根や外壁とセットで塗装を行うことをおすすめします。

 

◆気になる軒天部分の劣化症状

では実際に軒天部分にどのような症状が現れていたら、塗装を検討すべきでしょうか? よく確認してみると思ったよりも劣化が進行しているケースも多いので、以下の項目をチェックしてみましょう。

 

チェック

症状

詳細

色あせ

屋根や外壁に比べて紫外線が直接当たるケースはまれですが、照り返しの影響で色あせが発生することがあります。経年によって徐々に症状が進行している可能性もあるので注意しましょう。

シミ

軒天部分にシミがある場合は、屋根から雨漏りしている場合があり、大きなトラブルに発展するケースも考えられます。屋根から雨水が漏れて軒天の内側に溜まるとシミが発生することが多く、放置しておくことで家の中にも水が浸入してくる危険性があります。

はがれ

合板や化粧板に見られる劣化現象であり、症状が悪化すると軒天の板ごと剥がれて落ちてしまうケースもあります。また、塗装がきちんと施されていないと塗膜剥離が起こり、表面がボロボロに見えます。

藻・かび

軒天部分は日光が当たりにくい箇所なだけに湿気や雨水が溜まる傾向にあります。水はけが悪い状況が続くと表面に藻やかびが繁殖してしまうので注意が必要です。

欠落・穴

古くなった部分が欠落したり、穴が空いてしまったりすることがあります。そうした箇所には鳥や虫などが住みつきやすくなるので、早めにメンテナンスする必要があります。

 

あなたのご自宅には上記のような症状はありましたか? 問題が大きくなる前に早めに対処することをおすすめします。また、屋根や外壁の塗装をご検討中の方は、付帯部分のなかでもとくに軒天部分もセットで行うようにしましょう。そうすることで家全体の景観と耐久性を高めることができます。

ブログ一覧
外壁塗装で失敗しないための基礎知識
Web限定キャンペーン3万円引き
  • マンション・アパートのオーナーの方へ!
  • 採用専門サイト
  • ポスティングスタッフ募集
シロアリ駆除

児玉塗装がまるわかり!!スタッフブログ

児玉塗装新提案 「リフォーム」はこちら

「ホームページを見たよ」とお気軽にお電話ください

  • tel:0120774315
  • お問い合わせフォーム